ハーツ家の人々
「GNO2」ハッテ鯖で活動していた隊員ヒロ・ハーツとケイト・ハーツの個人日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【58日目】 食わず嫌いはイクナイですね(:´Д`)
作戦が始まって、12時間くらい経過したこの頃・・

現在順位はPVP7位。
しかし、5位~11位までが100P以内にひしめいている
超ダンゴ状態。
僕自身も8位になったり16位になったりと、毎時間目まぐるしく
順位を変えています。

しかし、ここ5時間ほどのデータをとってみると、

50勝0敗
VP=5249
経験値=4607

1時間の戦闘数は11.65戦なので

経験値時給=1073.4(マズー(:´Д`))

VP時給=1223!!(*´ω`*)

ついに1200超えてきました!ヽ( ・∀・)ノ


この変化の原因は明らかです。

低壁をNT格闘壁から気力格闘壁(宇宙来てからずっと補欠)に
チェンジしたこと。

そして、補欠でベンチを暖めている間に盾防を9まで上げ、
今作戦から盾を使っていること。

効果は一目瞭然です。

ジツハ・・
今回のキーポイントである気力も盾も今まで、食わず嫌いでした。

NTのイメージ=アムロ=強そう(*´ω`*) ファンネル~
気力=ガッツ=根性論??弱そう(:´Д`) ガッツイシマツ~

みたいなイメージにやられてました。

また、盾は、僕が回避至上主義であるため、
なんで回避値や先制値を落としてまで
くらう準備をしなきゃいけないんだ!ヽ(`Д´)ノ
と思っていたのでした。
避けりゃいいじゃんか、避けりゃヽ(`Д´)ノ ってな感じです。。。

しかし、今回の作戦が始まるにあたって色々考えました。。。
こういう場合上位陣を参考にすればよいのですが、上位陣は軒並み
地上人です。
とりあえず、自分のデータを見つめてみることにしました。
そうすると、数戦に1戦はパーフェクト勝ちをしていますが、
数時間に1戦、VPが60台に落ち込むことがあります。
また、80台になってしまうこともままある模様。。

この原因を分析すると、現在のステの限界が見えてきます。
つまり、敵の後衛に全攻指示のMSがいるのですが、
その一機が常に結構な命中率を出してくるのです。
20%~ものによっては50%近く(コアブなど)まで。
今まで、強狙いなどによって、
先にこいつらを叩いて命中率を下げさせるなどの方法を
使ってきたのですが、どうしても1、2発は攻撃されてしまいます。
この1、2発をうまくかわせればパーフェクトなんですが、
くらうとVPは2ケタへ。
そして、敵の前衛の攻撃3%が何故か2HITしたりすることがあり
(なぜじゃーーヽ(`Д´)ノ)
そうなると、先ほどの後衛の攻撃と相まって低壁が沈む事態が
発生していたのです。
そうなると・・・VPは60台へ。

後衛の攻撃を5%に抑えられない以上、
パーフェクトを劇的に増やすのは難しそうです。

となると、この大きなVPの凹みを何とかしなければなりません。

なんとかかわそう、という発想から、なんとかダメージを抑えよう
という発想へ。

この発想の転換をするときがきたと考えたのでした。

そこで、ケイトに緊急指令です。
ケイトの部下に盾スキルをとらせました。
そして、その有効性を確認。
ジツハ・・ケイトは気力格闘壁なので、
気力のありがたみには気づいていました。
特にPC戦のない宇宙では、NT当てをしてくる敵もいないのです。

ケイトで実験をすませ、上記のコンセプトを反映させたのが
現在の編成です。

壁:専タコ(隊長)・宇宙駒
射:SC・高ザク改☆・高ザク☆(部隊トリガー)

そうすると、めったに3ケタをきらなくなりました。
久々に作戦がハマってニンマリです (*´ω`*) ニマー

現在補欠にされたNT壁もあわてて盾防を身に着けました。
もう宇宙組は数少ないですが、この編成でがんばってみようと思います。


07-20sute.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。