ハーツ家の人々
「GNO2」ハッテ鯖で活動していた隊員ヒロ・ハーツとケイト・ハーツの個人日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【基礎編】vol.01 ステの割り振りとパイロットの役割①
さて、戦術論第1回目の記事は
部隊編成の基礎とステの割り振り(壁編)です。

ここで1番大事なのは、
部隊の中でパイにちゃんと役割分担をする、ということです。

大まかに分けてその役割は二つ!
①壁役
②射撃役
     ・・この2つですね(*´ω`*)

①壁役は、敵の攻撃を一身に引き受けます。
 いわば部隊の盾となる存在です。
 もちろん、攻撃を引き受けるといってもくらってはいけません。
 盾を失った部隊はあっという間に殲滅されてしまうからです。

 ・・ということは・・

 そうです!壁部隊は徹底的に回避率を上げていかなければ
 なりません。
 回避しまくって、敵の攻撃を無効化するのが壁の役割です。

 回避率を上げるためにできることはすべてする。
 これが壁役に任された使命です。
 (応用としてこれに反する指令を出すこともありますが
  基本はまず回避です)

 ということは・・壁にするパイは「防御」と「反応」をひたすら
 あげます。序盤はまちがっても、色気をだして「攻撃」にふったり
 してはいけません。
 
 ステは最も小さい値の2倍までしかふれません。
 (攻撃が24なら、防御は48まで) 
 防御が48までいったら、はじめて「攻撃」をあげるくらいで
 いいでしょう。

 「防御」と「反応」どちらを優先するかは議論のあるところです。
 どちらも、回避率に大きく影響します。
 これに関する検証はまた後日行ってみたいと思いますが、
 さしあたっては、同じくらいか、やや「防御」重視でステを
 振っていけば問題ないかと思います。

・スキルについて

 合計ステPが80・100・120と節目を越える度に
 振ることのできるスキルが増えます。

 ですが、序盤は必要最低限のもの以外はステにまわす方が
 強い部隊が作れそうだなというのが実感です。

 最初に必要なスキルとしては・・
 格闘壁(格闘攻撃をする壁MS・・少なくとも2人のパイは
 格闘壁でいいと思います)はまず「対空格闘」を。
 これがないと、飛行機に格闘攻撃できません。

 あと、のちのち使うので、「個人戦術」も1つ。
 
 敵よりも早く動けることも重要となってきますので、
 今、自分が闘っている戦線で敵よりも先に動けるか、を
 基準に「先制」を徐々にあげていってください。

 序盤において、これ以外は、基本的に全部ステにふっても
 いいくらいです。

・序盤以降~必要なスキル
 「視界強化」「格闘特化」「格闘攻撃」「切り払い」
 これらは、パイの成長とともに徐々に上げていくとよいでしょう。
 特に「視界強化」は5まであるだけで大分差がでます。
 中盤になると、敵がクリティカルを放ってきますのでそれを
 防ぐために「格闘攻撃」が、万一の事故を抑えるために「切り払い」
 が、それぞれ有効です。
 「盾」は、連邦においては必須スキルのようです。
 筆者の在籍するジオンでは、好みでしょうか・・僕は使ったことあり ません。(ジオン軍は盾をもってないMSが多い)

・パイの攻撃指示を「全力防御」にする。
  ・・これを忘れると上の細かな努力が無意味になります。

・MSの改造
 補給が500たまったら、MSの改造ができるようになります。
 そこで、まずは壁MSの回避をあげます。
 その代償としてHPを下げるのか、装甲を下げるのかは
 これから説明する壁の中での役割によります。

・壁の中での役割(強壁・高壁・低壁)
 壁の役割は敵の攻撃をひきつけることにあります。
 そこで、敵がどういう基準で狙ってくるかが大事になりますが、
 1番オーソドックスなのが、「近狙い」・・・1番近くの敵に攻撃
 やっかいなのが、「低狙い」・・・HPの最も少ないMSを攻撃
 前線以上で「高狙い」・・・HPの最も多いMSを狙ってきます
      「強狙い」・・・搭載の最も大きいMSを狙ってきます
                 という種類があります。

 これらの攻撃をすべて壁に集中させるためには、
 ①全MSの中で最もHPが高く(通常は)搭載の大きいMS
 ②全MSの中で最もHPが低いMS

 この2種類の壁を作る必要があります。
 HPの調整が必要ならば、上記の改造でそれを行ってください。

 そしてこれらに距離1から攻撃をさせる(通常格闘は距離1ですが)
  
  ・・・・と、ここまでが壁の基本論です。

 ここまですれば、適正な戦線にいる限り、
 部隊はそうそうやられないようになるはずです。
 部隊の強さは壁の強さに比例するといっても過言ではないので、
 がんばって壁パイを強くしてくださいね。

 それでは、次回は射撃について(壁よりはずっと話が少ないです)


                     vol.02へ>>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
むむむ!
勉強になるな~@@;
2005/06/08(水) 19:40:09 | URL | ショウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinkaimonogatari.blog12.fc2.com/tb.php/17-9f150845
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。